2007年01月31日

Living in this empty world, just to say "I love you"



good-bye winter, welcome spring
let's go out and run, run around
don't think anything and just feel the breeze

it is real, this feeling is only one i can believe

good-bye winter, welcome spring
let's go out and jump, jump up
don't think anything and just say here

it is real, this feeling is only one i can believe

next.
posted by iNut at 19:43| バンクーバー 🌁| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

本当だよ!本当にロッテルダムだったんだよ!



It's ordinary day, it's not special day
Sky is still blue, grass is still green
I know I am still me

we live in the ordinary world

It's ordinary day, it's not special day
Sky is still blue, grass is still green
but I know you will smile at me

we live in the wonderful world



next.
posted by iNut at 20:54| バンクーバー ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

城壁をこえて



"you had a bad day", daniel is singing so, but I'm convinced
that it'll be a good day, drinking some coffee in this morning.
Studying for the exams? Writing a research paper? I don't care!!
It's very warm and good weather, you say I have to be at home all day?
It's in my rule that I should do my best to make the good day better.


朝。
"サイテーな日だったね"とdaniel powterが歌う中、しかし俺は
珈琲を飲みながら、今日がサイコーの一日になることを確信していた。
テスト勉強?レポート?ああ、そうだ、そんなもん知るかってんだ。
こんなに暖かくて天気のいい日に、家に閉じこもっておけとでも?
"サイコーな日"ってのは、俺の手でさらに良くするべきなんだよ。

next.
posted by iNut at 19:15| バンクーバー ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

Rainy day, Singing my song (for you)



Taking slow steps downstairs, go out from the lab.
Heavy, cloudy sky, it seems to be about to rain.
"I think it must rain today, so brought my umbrella...
but it, may not",She said and smiled this morning.
I'm little worry about she might forget her umbrella.
Isn't she caught in the rain? Doesn't she get wet?
Thinking about her, I walk to my home in the rain,
forget holding my umbrella.

ゆっくりと階段を降りて、実験室の外へ出た。
どんよりとした曇り空。すぐに雨が降り出すだろう。
"雨が降ると思ったから傘を持って来たけど…
今日は降らないかもね"と、彼女は今朝笑っていた。
実験室に傘を忘れていないだろうかと、ふと思った。
雨にあっていないだろうか。濡れていないだろうか。
そればかり考えながら俺は、家路を一人歩いていた。
雨の中、傘をさすのも忘れて。

next.
posted by iNut at 04:59| バンクーバー 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

ファイヤーボンバー・ロッキングチェアーハンターズ・アンド・カミングバック・オブ・フェアリーエイトレッカーバード



ウェルカム週末!登校という名の早朝登山儀式から解放される
週末の休みのことを世間では安息日と言います。WE, HATE to climb!!
入学以来幾度となく主張しているのだが、何故このような山頂に
大学を作るなどという暴挙に出たのだろう。至極理不尽である。

そもそも怪我人にとってこの大学はつくづく優しくない作りなのだ。
敷地内のあらゆる所に段差があり、階段の数で言えば全国の大学でも
上位進出を見込めるだけのポテンシャルを持ち合わせているに違いない。
なんせ三階の廊下を歩いていくと二階に行き着くという摩訶不思議空間
(頭をひねって考えてみよう)、人権の講義なんざ開講するくらいなら
バリアフリーに金を使えと俺は、今だからこそ声を出して言いたいね。

そんな腐れ校舎には申し訳程度にエレベータがついていたりするのだが
こんな時に限って校舎改築のため使用不可?このタイミングの悪さ!
やれやれだ。

next.
posted by iNut at 17:34| バンクーバー ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ファイヤーボンバー・ロッキングチェアーハンターズ



神戸に帰ってきた。

相変わらず神戸は神戸のままで横浜にも仙台にもなっておらず
しかし特にそういった現象を期待していた訳ではなかったので
家へ戻って荷物を置いてから山を登って大学へ行くことにした。

相変わらず大学は大学のままで球場にも墓場にもなっておらず
しかし特にそういった現象を期待していた訳でもなかったので
茶利を止め、階段を上って久しぶりに実験室へ行くことにした。

相変わらず実験室は実験室のままで遊園地にも刑務所にもなっておらず
しかし特にそういった現象を期待していた訳でもなかったのだけれど、
黒髪の女のコが増えていた。


YEEEEEEEEAAAAAAAAAAH!!!!!!!!




これは、世に蔓延る悪しき流行と戦う男の愛と哀しみの物語である。

next.
posted by iNut at 19:40| バンクーバー ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

ダンシングヒヨコベイベー



今年の御神籤は吉で、初夢には中学時代の友達の女の子の夢を見た。
だからと言って今年は昔馴染みの子と仲良くなれるハッピーライクな
素敵イヤーになるんじゃないか?などと思う程俺は浅はかではないが
しかし悪くはない年になるのではないかと信じたいくらいの信仰心は
持ち合わせているのさ。所詮人類が勝手に決めた時代の節目であっても
何かと意味を見つけたくなることだし、そういうことならプラス思考で
"明けまして、おめでとう"。

というクドい思考で、今年もSiesta-Fiesta!!、始動です。


next.
posted by iNut at 22:24| バンクーバー ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。