2007年02月14日

変顔アルゴリズム



escape from the noisy world
walking backstreet into the dark
keep listening to sounds of harp
take me into the perfect dark
everything has gone even the heart



英語の話。

日本人の英語に関する捉え方というものを考えると、
いくつかの種類があると思うのだがこと俺はといえば
Gannersの試合を観戦するための一つの手段であると
認識している。EU圏では英語が母国語の他に主要な
言語として用いられているので各国leagueを渡り歩く
際にも非常に重要となってくると思うのだ。

動機はともかく俺はそれなりに英語が得意であったし、
文法や語彙はともかくshort tripに出かけられるくらいの
会話力はあるのではと勝手に思っている。しかしやはり
力不足であることを痛感させられる場面に日本国内でも
多く出くわすようになった昨今であるし、真剣に英語の
オベンキョウをせねばなるまいな、と思っていた矢先に
今回の話題の中心である"農業技術外国語演習"の告知が。

俺のトーク並にクドい題名がついているがこれ、要約すれば
外国からいらっしゃった教授に英語で農業に関する授業を
執り行ってもらうというもの。つまりタダで疑似留学だ。
入院の関係で俺が気付いた時には応募は締め切られていた
のだが、ゴリ押しで枠の中に入れてもらうことが出来た。

その三日間のcurriculumのうち初日が昨日開講されたのだが
一日目に出て来たのは、嗚呼、なんということであろうか、
ただのショボくれた(excuse me,)日本人中年男性であった。
案の定4割が日本語で構成されたjapanenglishとでも言うべき
謎の言語を巧みに使役するので逆に意味が分からない悲劇。
早くも俺のこの講義に対する意欲その他の半減期到来である。

これが三日間続くのであれば俺はトマトでも投げつけて即座に
家に帰って杏菜さんと戯れていたのだろうが翌日は別の教官が
講義を行うということなので本日も朝から山を登って聴講へ。

かくして本日、二日目は遥かSUDANからやって来られた二人の
黒人男性教官であり、アフリカと聞いて心躍る俺はEto'oや
DrogbaはたまたEboue´かと想像を膨らませていたらなんというか
普通にstylishな眼鏡-the-intelligenceなオジサマ方がいらっしゃった。

わーお。黒人カッコいいなー。

目の前でSUDANの農業の灌漑開発の経緯を語っているオジサンも
試合となれば爆発的な瞬発力と人間離れした身体能力で敵ゴールを
脅かすのかなあ、などと講義中に要らぬ想像ばかりしていたので
気付くのが遅れたがこの方達、母国語はアラビア語である筈なのに
英語すげえ綺麗。訛りがないのよ。ほら、中国人が英語喋ると、
聴いた感じじゃ普通に中国語じゃんってくらい訛る人が多いけれど
この人達は全然。しかも片方の人は日本語も少し喋ってた。すげえ!!!!!

日本人は日本にいる外国人が日本語を喋っていても特に何かを
思うことはないと思うのですが、外国人にとっての日本語って
アホほど難しいらしいと聞きました。日本にはこんなに英語を
喋るのが苦手な人が多いって言うのに、尊敬に値するね。

で、おそらく手加減(?)して下さったからだと思うのですが、
概ね内容は理解出来ました。途中どうしようもないくらいの
睡魔に襲われ沈没していたのですがその辺はごめんなさいです。

しかし本日最も俺の心に大きな印象を残したのは、司会進行役の
日本人教官であった。どこぞのイケてない侍みたいな名前をした
その教官、英語がもう、拙いとかいうレヴェルじゃない。お粗末過ぎ。
ウチのclassでいう所の"お残念"という奴である。

イントネーションが変なのはまだ無視出来るとしても、明らかに
発言が文として成り立っていない。言ってみれば単語並べてるだけ。
何自信満々で喋ってんだよ!?黒人教官がビミョーな顔してるの気付け!
念波を送り続けた俺の努力も虚しく、彼は最後までアフリカと日本の
歴然たる差を見せつける事に終始した。実はこれ、英語が出来ないと
こんなに恥をかくよと身を挺して教えようとした
のではないかという
斬新な暗喩説を思いついたが、俺だったら情けなくて死ぬね。
それぐらいダメだった。


俺が高校生の時分、進路を決めかねていたので興味のあった京都大学の
生命工学化の偉い先生にメールをした時にこんな事を言われたよ。

科学は幅広く、一つの問題でも医学、化学、農学というように
様々なアプローチが可能です。進路に迷っているのでしたら、
自分の一番興味のある分野に進むのがよいのではないでしょうか。
ただ、どの分野に言っても英語が必須ですから、駅前留学でも
何でもいいですから、英語は必ず頑張って勉強して下さい


今ならあの先生が言わんとしたことが痛いほどよく解るね。


とりあえず今の目標としては、学食でよく見かける推定身長2mの
Peter Crouch(仮)に身長が何cmなのか英語で聞き出すことだな。




St. valentine's Dayの話。

昨年のことなのだが、バレンタインデーを控えた数日間
甘党として日本の奇妙な慣習を否定はしなかった俺は、
本命を期待するほど身の程知らずでもなかったのだが
classmateの女のコに義理くらいは貰えるかなあと、
そう思って内心わくわくしていたのだった。

しかし蓋を開けてみると学校がなかったお陰で全滅。
その前後にちょいとひとつまみお菓子を頂けたのだから
それで御の字とすべきなのだろうが、俺は納得しなかった。
何だよと。チョコくらいくれたっていいじゃないかと。
そしてささくれ立った俺の心は一つの解を導き出した。
だったらこっちからくれてやる!

ほらまた俺の数学的思考能力の欠如が露呈した。
最早数学とか関係ない気もするがともかくこのイカレっぷり。
逆に男の方からチョコを渡して女のコにビミョーな顔をさせよう、
そんな皮肉というか嫌味というか、そういう黒い感情の底から
おぎゃーと生まれたこの企画は実は一年前から構想していたのだ。

かくして俺はここ数日間、お菓子作りに没頭していたのだった。

生チョコとホワイトクッキーを作ることに決め、試作品を月曜に
作ったのだがクッキーがもう美味いの何のって、これは将来は
シェフかパティシエかの二択だなと確信するくらいの出来だった。
もう市販のクッキーとかいらねー自分で作るもんねーってな具合。
チョコに関してはうまいこと固まらずムース状に。ううむ。
でもお味は太鼓判を頂いたので、昨日もう一度作ってみたが、
またもちょっと柔らかい。仕方ないのでそのまま持って行った。


しかし誰一人として女性が来ていなかった。


…えーと?今日の講義女のコいた筈だよね?
「今日休むから代返しといてってメール来たで」
Oh, come on...what a...oh...
damn.

取っておいても仕方がないのでその辺に群がっていた野郎共に
"お前らどうせ貰うアテねーだろ"と言ってバラ捲いてやったら
案の定がっつき美味い美味いと一瞬で全て平らげられてしまった。
至極複雑な心境である。


ちくしょー!!!!!!!!!!!!!





そうして俺のリベンジはまたしても、
来年に持ち越されることになったのだった。
アーメン。



ではここでバットゥーゾfrom中学時代の悪友たるまーくん氏。
musicバトンです。

1.好きなジャンル

Alternative & Punk
Blues
Electronic
Funk
Hip Hop
Industrial
Jazz
Latin
Metal
New Age
Pop
R&B
Rock

iTunesの分類によればこういうのを聴いています。
ジャンル分けって結構いい加減だしあくまで目安の一つだと思うんだ。

2.好きなアーティスト

たくさんあるけど。
Coldplay, Mew, Maroon5なんかのBandは勿論、
Jason Mraz, Daniel Powter, Lisa LoebなPop系、
R&BだとUsherやJamie Foxx,あとはEric Claptonに
Norah Jones、有名どころだとこんな感じです。

マイナーなのは名前出してもただの自己満足なので割愛。

3.キラーアルバムは?

Killer albumってkiller tuneみたいな意味かな?
じゃあガツンと来るalbumという事で…

Coldplay / Parachute

言わずと知れたColdplayの1st。
言語表現の範疇を逸脱してる。

El presidente / El presidente

エンターテインメントの極地。
純粋に音楽で人を楽しませることが出来るバンド。

Jakalope / Born 4

welcome to the darkside!!!!!!!!!!
でも1stのIt Dreamsよりは聴きやすいよ。

4.これだけは聞いておけアルバムは?

じゃあ折角なので、洋楽ばっかり聴いてる俺から、
あなたのレベルに合わせたalbumをチョイスしちゃうぜ☆


まずは"そこまで音楽聴く方じゃないなあ"って方へ。

もったいないよ!音楽のない人生なんて味噌抜き味噌汁、
footballネタのないSiestaみたいなもんだよ!
そんなあなたに馴染みやすく聴きやすいアルバムはこちら。
ちなみにartist名が先ね。

Daniel Powter / Daniel Powter
TVかradioが家にあれば聴いた事あるはず、"Bad Day"。
是非。これはレベルに関係なく誰でも聴けるよ。

Maroon5 / Songs About Jane
全てが完璧でpopな素敵バンド。もう素敵過ぎる。
一家に一枚どうぞ。

Rooster / Rooster
惜しくも先日解散してしまったRock 'n' Rollの極地。
カッコいいよ。音もメンバーも。


次に"音楽はよく聴くけど、洋楽はいまいち…"そんなあなたへ。
上の三つのアルバムはもちろん、こんなのをチョイス。

James Morrison / Undiscovered
声の綺麗な男性ヴォーカリスト。曲もいいし。
Daniel Powterが好きな人はきっと気に入る。

Jack Johnson / In Between Dreams
Hardな毎日を過ごして癒し系musicを求めるあなたへ。
これを聴けば一瞬で和みます。

Franz Ferdinand / You could have it so much better
爆発的に売れたFranzの2nd。全曲踊れるFunky Album。
割と洋楽層以外にも受け入れられてるっぽい。


そんでは"邦楽も洋楽も聴くしiPodは常に満タンだよ"なあなたへ。
そんな音楽マニアなあなたに俺がオススメ出来る曲は少ないけど
マイナーなとこから持って来てみたよ。

Carpark North / All Things To All People
Mewとかの北欧系憂鬱ロックが好きな人はきっと気に入る。
というかコレ、話題が通じた試しがないのだが。

Maria Solheim / Behind Closed Door
これもまた北欧。黒髪の綺麗なお姉ちゃん。言うまでもなくジャケ買い。
この世界観がいいね。俺も最初は解らんかったが。

Ernest / Find the Form
北欧のjamiroquaiと呼び声高い…ってまた北欧かよ!?
stylishな音の素敵おにーさん。いやーカッコいい。


挙げたものは全部音源あります。欲しい方はinternet経由、
もしくはCD持参いただければ喜んでお渡ししますのでどうぞ。

5.CD派?ライブ派?

ライブにもっと行きたいCD派。

6.カラオケで必ず歌う曲は?

俺が歌うと場が冷めます。
誰か!自己満空桶行こうぜ!!!!!!!!

7.あなたにとって音楽は?

音楽は音楽。それ以上でも、それ以下でもない。

8.なんでもいいから叫べ!

誰かVocalやってくれぇぇぇぇッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!

9.音楽馬鹿5人に回せ。

じゃ、エースバトンレシーバーことアキラ氏。
ほいでAYM氏とJohn氏のバンド仲間にもpass!!
あとはそーだな。チャンホー、いってみようか。

なーんか幅広く選曲したつもりがやっぱ俺の好みが出とるな。
という訳で各氏におかれては別の視線から語ってみてくれ。

あと俺の選曲に文句がある奴もバトン持って行け。



男と女と人生の話。

俺の人生を狂わせた一冊の本、"されど罪人は竜と踊る"。
その作者たる浅井ラボ氏が本人のweblogでおもろい事を
書かれていたので紹介しますです。以下LinkURL。
http://asaippoi.exblog.jp/m2007-02-01/#4594176


こういう素敵な思考が出来るようになりたいなと思うね。



んじゃー今日はこの辺で。
ぐっないべいびーうぇるかむはっぴー!
Chao!!








postscript/footballnews;
エトー爆弾発言、バルサ二分か
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20070214-00000011-spnavi-socc.html

なーんかまたウチのエースがダダをこねてる…
と思ったら予想もしない事態に!?

どーなるんだバルサ。



postscript2/footballnews;
帰って来たボンバーヘッド
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20070214-00000022-spnavi-socc.html

オシム監督が焦らしに焦らした代表発表、なんと中沢が再選!!
確かに新顔。やるなジジイ。
posted by iNut at 22:58| バンクーバー ☁| Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語は好きやし上達してほしいねんけど
なにぶん授業はおもんないの多いしね・・。
まぁ俺が積極的に知識を深めようと思わないのが一番の原因やねんけど・・。

マイナーすぎる・・知らねぇ・・笑
Posted by ちゃんほ at 2007年02月15日 03:37
バトン、やりました。
Posted by AYM at 2007年02月15日 03:43
英語は慣れがすべてだと信じて止みません。アフリカンアメリカンはサウス訛りがすごいけど、マザーランド出身の方々は基本的に英語綺麗なのはこっちも同じだな。

アーイ、ブラックミュージック入門みたいなノリでバトンやらせて頂くぜ!
Posted by アキラ at 2007年02月15日 04:40
>tryin' to speak English
文中の中国人が誰を指しているかは言うまでもな(ry

>遂行
読みました。your sisterも強烈なのね。

>南部
あれは最早英語じゃねえ。別の星系の言語だ。

バットゥーン頼んだぜB担当よ!!!!
Posted by りー at 2007年02月15日 09:08
悪友って表現いいねwww

ColdPlay食わず嫌いせずに一回食ってみようかな…
Posted by まーくん at 2007年02月15日 11:12
>適切な表現
いやーradiohead好きなら嫌いではないと思うのだが。
聴いてみそ。
Posted by りー at 2007年02月15日 13:05
日本人教員って、農薬の先生? じゃないよね…。
Posted by とざんぶ at 2007年02月15日 17:19
>話題のあの人
工学系学科の教官だったと思う。
農薬のアイツは日本語すらダメなのでさらにNG。
Posted by りー at 2007年02月15日 22:44
きゃー!
Posted by 鍵盤担当 at 2007年02月15日 23:38
>鍵盤
えー!?
Posted by りー at 2007年02月16日 10:31
わたしも今から頑張って英語勉強しようかな。。。

わたしは久々に張り切ってバレンタイン作ったよぉwwwww

ケーキにチョコプリンにチーズとチョコのケーキ風みたいなやつ作ったwwww

とりあえずチョコプリンは絶品だったよん☆
Posted by あげは at 2007年02月16日 20:57
洋楽に詳しくない俺でもJack Johnsonはすきやな〜☆真冬やけどあのユルイ感じがいいなぁ。。。

Maroon5聞いてみるぜ!!
Posted by 3-pole at 2007年02月16日 23:16
>tryin' to speak English2
勉強するとか堅く考えないで、もっと英語と触れる
機会を増やしてみるとか、そんなユルいスタンスで
よいのではないでしょーか?伝わりゃいいのよ的な。

>あいん・しょこらーで
チョコプリンとは斬新な!!いーなーいーなー。
バレンタイン満喫してていーなー。俺なんて。

>surf music in winter
おーJack知ってんの!? いーね渋いねー。
Maroon5はきっと気に入るぜ。CMでも使われてたし
聴いたことあるんじゃないかと。感想聞かしてくれい!
Posted by りー at 2007年02月17日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Silver Apples/Contact
Excerpt: 69年の2in1。このバンドの再評価はすごいものがありましたが、確かにそれだけの威力を持ったサウンドです。音楽の楽しいって部分が強烈に出ている感じで、勢い余ってどんどんおもしろいアイデアは取り入れてい..
Weblog: Alternative Rock & Punkを...
Tracked: 2008-01-19 09:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。