2008年01月14日

りとるまーめいど!

砂色の果てには波の音、ずっと向こうの青い空、
雲一つない、青い、空

岩場に散る波しぶき白く、光に跳ねた虹色の帯、
松ぼっくりのこげ茶色

松の木の緑の下で赤いニットと白いバッシュ
ここには世界の全てがある





かえる!もーうーかーえーるー!


長かった帰省を経て明日やっと神戸へ戻ることに。火曜の朝イチで
病院に行って抜糸してもらった後にひかりレールスターに乗って
関西までひとっ飛びさ!昨日そのための新幹線の切符を買いに
行って来たのだけれど、またしても切符が値上がりしていて
げんなりした。市場価格形成のグラフに於て考えるところ
やはり利用者は多いのだろう。一万ぽっきりくらいの
学割を作ってくれればいいのにと思う。少なくとも
欧州ではそれがあったぜ。ああ、そうさ欧米さ。


新年早々入院、そして実家でダラダラと
未だ正月モードで生活している俺なのだが
これを機に、気分一新してキビキビ頑張るぜ!
うん。昨年の西方見聞記からこっち続いていた
緊張感のない生活を是正するのだ。するのだー。
そういう訳でいろいろ新生活っぽさを体感出来る
グッズを買ったりデスクトップ画像を変えてみたり、
小癪な真似を続ける鏡開きの数日後、成人式の三連休。
神戸に戻ったらすぐに好き放題に伸びまくった髪の毛も
カットしてもらおうと思う。就活(笑)の真似事をしようと
考えているし一気にバッサリ逝ってもらう予定であります。
ちなみに先刻、母上がロンゲ証拠写真を遺影用に撮っていた。


今回も無意味と知りながら募集しようと思う。
俺の「にゅー・へあすたいる」募集。締め切りは火曜の午後。

個人的にはアンニューイな感じで行きたい。新年なのに。






大佐の温情と即席ラーメンの話。


世の中には「なくても別に困らないけどあっても使うかどうかは微妙」な程度の
便利な発明品が山ほど存在しています。例えばこれ。



カップ麺を作る時。お湯を入れて三分間待つ、というのは最早アイコン化した
即席食品の常識となっています。その三分間を楽しく待てるこちらの動画。
考えた奴はなかなか素敵な思考の持ち主だと思う。

さて、今日の話題はこのくすぐったい程度の実用度を誇る発明についてではなく、
カップ麺を作る時の"三分間"について。何故"三分"なのか、考えたことはあるかい。

雲一つない晴天の元「掃除するから出てけ」と母上に家を追い出された
俺と親父殿と愛(哀)犬DIESELの二人と一匹は浜辺へ散歩に出まして、
のらくらと歩きながらビーチバレーに興じる人々を眺めておりました。

一体何故そういう話題になったかは忘れました。しかし、それは、
この際どうでもいいことです。俺が「忙しい人のためのカップ麺」を
開発するべきではないかという持論を語り始めました。

つまり、時間に追われる現代人は食事を摂る間も惜しいから、コンビニに
お昼を買いに行くことはおろか、カップ麺を食べるのにお湯を沸かし、
さらにお湯を注いで三分待つという行為はとても忙しい人にとって
ストレスを与えることになるのではないか。そこで、開けてすぐに
食べられるカップ麺を開発するべきではないだろうか。

「レンジで作る奴あるじゃん」と親父殿。レンジも面倒かもしれない。
開けたらすぐに酸化鉄の発熱反応で暖められるようにすれば
きっと売れるのではないか、と俺。一瞬で出来れば忙しい人も
ハッピーだ。それを聞いて親父殿が訊いてきた。

「なんでカップ麺の待ち時間が三分間か知っとうや?」

面白い冗句が浮かばなかったので素直に知らないと言うと、教えてくれた。

実は、カップ麺の製法を変えればお湯を入れて一分で出来上がる商品や、
十分かかる商品だって作れるらしい。それが敢えて三分で出来るように
作ってあるのは、心理学的に人間が待てる限界の時間が三分だからだそうだ。
食べ物を前に待たせることで、より食欲を増進させ、食べた時の味を最大限に
美味しくさせようという試みであり、カップ麺が開発された当時、色々と
試行錯誤した末にこうなったらしい。カップ麺一つにしても、どうしたら
最も美味しくなるかという試験を開発の段階で何百回としているから、
カップ麺を食べる時もその作り方に厳密に沿ってやるのが一番
美味しく出来上がるそうだ。なるほど即席食品でも味には
気を配っているんだなあと感心したりする。


だからあながちカップ麺タイマーもバカにしたものではないんですね。


「三分間待ってやる!」


ムスカ大佐がこう叫んだ理由も然り、というお話でした。




images831088_c_400x300.jpg

明日はMacworld Conference & Expo2008であります。
昨年はjobsがiPhoneを発表し世界を色んな意味で揺るがしましたが
今年は何が出るのでしょうね。一林檎信者としてwktkしています。

噂ではMacBook Airが出るのではないか、という話です。

iup537115.jpg

それというのも会場のbannerに

"There's something in the air."
「なんか浮いてる」

とあったから、とか、どこそこのデータのログを漁ったら出て来た、とか。
ともあれMac板は皆思い思いに盛り上がっていて楽しいです。

相変わらず"iWig"が出るのでは、とかペヤングとか言ってますが
そんなスタイリッシュアホな奴らとgdgdするのは実に愉快ですよ。
個人的にはまさかの2ヶ月でMacBookアップデートを期待してますが
なによりiPhoneの日本発売告知を渇望しております。

ちなみに我が家ではiPhoneを購入することが"義務"となっていて
出た瞬間今使っている携帯電話は破棄されることが決定しています。
我が家の宗教は林檎教です。





What's next/次回予告

次回は好評連載中の西方シリーズ第八弾、バルセロナ編第二弾です。
愛するチームの本拠地に乗り込むも、軽く神様に裏切られた俺は

1. それでも愛してる
2. マドリディスタに宗旨替え
3. 敢えて今バレンシアファンに
4. セビージャを根詰めて応援する
5. まさかのエスパニョール

どうする!?どーするっ!?


答えは次回!気にならない人の方が、きっと多い!
Chao!!



posted by iNut at 20:10| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。