2008年02月04日

It's me that who wanna eat it most

"There's no need to make good one,
most important thing is to show a feeling of appreciate, Chiaki."

...Yeah, there's no need that SHE makes good one,
showing that we tried to make, then Haruka will make it for us again...

"You said good words for the first time in this near the end of year...?"

"Not for the first time!! I said sometimes..."





"チ−ズレモンカスタードシフォンパイ食べたい"

今日食べたい、今食べたい。誰しもが一度は思うことである。
そんな長い名前のお菓子を、何の前触れもなく食べたいなあ、
と思ったところで誰にも責められる理由はない。それはそう、
それが極めて自然な欲求だからだ。何もおかしなことはない。

こたつでぼーっと惚けていた冬のある日、俺も世の多くの人々が
そうであるように、突如チ−ズレモンカスタードシフォンパイが
食べたくなった。

今日食べたい、今食べたい。だが、非常に残念なことだが、
俺にはクーデレの妹も、優しくのんびり屋な姉もいない。
ついでに言っておくと破天荒で人騒がせな妹も姉もいない。

そんな俺がチーズレモンカスタードシフォンパイを食べたいとなると、
選択肢は、悲しいかな、自分で作るしかないわけだ。そういうことで、
苦労して手に入れたレシピを片手に俺はキッチンで戦闘行為を開始した。





みなみけ第三巻に収録された第四十七話「気持ちだよ」は、突如
チ−ズレモンカスタードシフォンパイが食べたくなった次女・夏奈が
三女・千秋を口車に乗せて菓子を作らせるという話。アニメ版では
一期九話に収録されています。

長女春香への日頃の感謝を込めて、という文句に乗せられた千秋は、
二人してエプロン姿で「作るぞー!!」その次のコマで「できたー!!」
わずか一コマで完成させてしまっている。

パイ生地の上にシンプルなフィリングが乗っただけの原作の絵、
一瞬で完成させた千秋と「え?」呆然とする夏奈(終始サボるなよ)。
意外に簡単に出来るんじゃないか…?

しかしググってもなかなかレシピを発見出来ず、挙句の果てに
「シフォンとパイは一緒に焼けねえだろjk」というような
アレなコメントまで散見し、これはやはり無理なのか…
と思っていたら、レシピ発見。

「絶対に失敗しないパイとタルト」

この本に載っていました。絶対に失敗しないそうです。
だったら簡単に作れるよね!!!

そう思っていた俺が甘かった。チーズレモンカスタードシフォンパイだけに。





とりあえず簡単なレシピを載せておきますが、作っている途中の
写真は大人の事情で撮っていませんので、もっと詳しく知りたい
という方は上の本を買ってみて下さい。安いし。1000円だし。
上のリンクも別にアフィとかないのでフツーに近所の本屋で買って下さい。

ingredients 22cm生地

パイ生地 型一枚分

全粒粉ビスケット 3枚程度

カスタードクリーム
 卵黄 L2コ分
 コーンスターチ 大さじ1
 牛乳 120cc
 グラニュー糖 40g
 無塩バター 30g
 バニラエッセンス てけとー

クリームチーズ 100g
レモン汁 大さじ2
生クリーム 100cc
卵白 L1コ分
グラニュー糖 60g
ミントの葉 お好きなだけどうぞ
ハルカ姉様への日頃の感謝の気持ち ありったけ


recipe

1. パイ生地を作るか、買って来る


「菓子でも焼こうぜ」という表現があるので原作では生地から
作ったのではないだろうかと予想。さらに、原作のおまけ絵で
夏奈がザクザクと食べている描写があるので、比較的厚い感じの
生地ではないかと予想して俺は練りパイ生地を作ってみた。

生地に関しては他に分かりやすく紹介しているページが沢山
あるので、そちらを見て欲しい。俺もいつか書こうとは思う。

2. カスタードクリームを作る
 2-1 卵黄・コーンスターチを泡立て器で混ぜる
 2-2 鍋に牛乳とグラニュー糖を投下、沸騰直前まで火にかけて
   2-1に少しずつ加える
 2-3 こしながら鍋に戻し、とろみがつくまで混ぜながら弱火にかける
 2-4 火からおろし、バターとバニラエッセンスを加える。
   バットなどに移して、ラップして冷ます


2-3でとろみがつくまで、っていうのが重要。ここでさらっさらの
ままだと後でフィリングが大変なことになるようです。
何故そんなことを知っているのかは秘密。

3. 全粒粉ビスケットをおろし金でおろすか、フードプロセッサで
 ガリガリやってパイ生地の底に敷き詰める


これは生地が水気を吸ってへにゃらないようにするため。

4. フィリングを仕上げる
 4-1 クリームチーズを室温でやわらかくしてから泡立て器で練り、
   レモン汁と2-4のカスタードクリームを加えて混ぜる
 4-2 別のボウルで生クリームを八分だてにして5-1に加え、
   ゴムべらでさっくりと混ぜる。泡立て器ダメ、ゴムべら
 4-3 また別のボウルでグラニュー糖と卵白をかたく泡立てて、
   2~3回に分けて4-2に加えて、さっくり混ぜる
 4-4 ビスケットを敷き詰めた生地にフィリングを乗せてゴムべらで
   ならし、冷蔵庫で30分くらい冷やし固める


ここではフィリングの固さ調節が大事。ホイップやメレンゲの固さ、
カスタードのとろみをうまく調節して、全体が固めのクリーム状に
なればOKではないかと。

5. ミントの葉を飾って「できたー!!」





で、まあそんなレシピに従って出来た俺の作品がこちら。

02-02-08_2335.jpg

見た目は割と原作のそれに近い感じになるにはなったのだけれど、
果たしてパイ生地はボロボロ、フィリングはトロトロという風に
およそ完璧とは言い難い出来でありました。しかも、パイ生地に
加えて全粒粉ビスケットまで自分で作ったので、総制作時間は
丸一日。あの一コマの間に何が。千秋…恐ろしい子!

思うに、俺にはハルカ姉様への気持ちが足りなかったんだと思う。
千秋にはそれがあって、俺にはなかった。それだけの話さ。

近いうちにリベンジします。その時はまるまる一個、
千秋と同じアングルで写真を撮れるように。

ちなみに、フツーに食べられました。味も悪くはなかったです。
なのでこちらは完璧に作れました、ターズレフォンカスチードシモンパイ。

03-02-08_1126.jpg

「これならハルカに出せる」「どこを出すんだッ!!」





リベンジが成功したら写真付きでしっかりとしたレシピをもう一度
載せようと思います。その時は生地とビスケットから全部載せられたら
いいなあと思う。あと、画像が悪いのはケータイで撮ったからです。
もっと綺麗な画像で見たいという方は、俺にデジカメ買って下さい。

posted by iNut at 00:07| バンクーバー ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴーざ

ぴーざ

ぴーざ
Posted by 緋 at 2008年02月04日 00:33
熟練度上がったらごちそうしてください
御代は宿泊費(ゾノアパート)にかえさせて
いただきます。
Posted by zo at 2008年02月04日 02:10
めっちゃ洋なもの作ってますけど
今日は日本的には節分でしたよ。
Posted by ちゃんほー at 2008年02月04日 02:41
>that's knee
肥満の象徴たる単語を用いて対比することによって俺の体格の貧弱さを浮き上がらせるという高度な表現ですね

>1pie/onenightstay
精進致します。五泊くらい出来る奴をこしらえます

>mamema-ki
凝った菓子を作る俺がマメだとはそれは褒めているのか
Posted by りー at 2008年02月04日 17:45
あなたは天才ですね。いや、本当に。
自分もこれでチャレンジしてみます!
Posted by ぴー at 2008年04月03日 00:04
>againstCLCSP
おー、いや俺が天才なのではなくてですね
この面倒な菓子を一瞬で完成させたチアキと
この面倒な菓子を話に登場させた桜庭氏が
天才なのでしてね。

グッドラック。
Posted by りー at 2008年04月04日 01:15
レシピ参考にして作らせていただきました。

探し回っていただけに、感動もひとしお。

ありがとうございました。

これで作れるようになります。
ターズレフォンカスチードシmをすくぁwせdrftgyふじこlp;@(噛んだ)
Posted by 鋼鉄蒸気 at 2008年09月21日 23:54
ありがとうございました。^_^

I've been looking for this for a long, long time. Thank you.
Posted by AstroNerdBoy at 2009年02月01日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。