2006年11月29日

墜落する絨毯と六月の花嫁/東の果ての黒い森の、動かない機械人形



"5 days to go"

年内を神戸で過ごすのは今週が最後という事で、諸々の後始末に
奔走する毎日。講義の欠席届に診断書を添えて教官に提出したり
サッカーの仕事を後輩に押し付けたりとto do listは真っ黒である。

思えばほんの数週間前まで、Siestaを楽しむ余裕があるくらいユルい
生活を楽しんでいたのに!あの時は、まさか年末のまるまる一ヶ月を
福岡で過ごすことに、しかも病室に缶詰めにされるだなんて夢にも
思わなかったさ。一寸先は闇、とはよく言ったものだね。

だが"塞翁が馬"という故事があるように、人生は山あり谷ありだ。
夏。ドイツの地であの熱戦を目の当たりにした俺は確かに言ったよ、
"この先十年くらい不幸でも我慢する"って。だから文句は言えないさ。
「死にそうに苦しい時こそ、下らない冗句を言って下品に笑え」。
ブルーな表情は俺には似合わないのさ。


next.
posted by iNut at 00:59| バンクーバー ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

月がないと人間死んじゃうんだって!



夏の終わりに別れを告げた旧い我が家に、こんなにもすぐ
戻って来ようとは思ってもいなかった。俺が小さい頃から
十数年の時間を過ごし、もう帰る事もないと思っていた、
山の麓の小さな町。以前と少しも変わらない、俺の故郷。
それは小雨の降りしきる、灰色の冬の日。

半年も経たずに再会した家族は少しも変わっていないようで
それでもどこか少し変わっているような、そんな気がして。
家族四人での食事。食後の珈琲と下らない会話。
ここが、俺の生まれた場所。



今だけは、俺の左足を持って行ってしまった神様に感謝します。


本当に本当に何もない町だけど、
俺の帰る場所は世界で一つだけ。
そう、気付かせてくれたから。


This is the only place I can say, "I'm home."

next
posted by iNut at 19:43| バンクーバー ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

今日が雨上がりのピッチなら、僕の左足で虹を描いてみせるよ



どうやら俺の左膝は尋常ではない状況に陥っているらしく
手術で膝が動かせるようになってもそれは最早元通りとは
言い難いものになってしまうらしかった。あの日を境に、
俺の左足は永遠に失われてしまったという訳なのである。

そんな事態になることが予め分かっていたなら、もっと
丁重に扱っていたのにな。今では自分の足に申し訳ない
気持ちで一杯だ。もう済んだ事を言っても仕方がないし、
諦めるしかないのだけれど。

母上は、それはきっと何かのサインだと言った。
神様が俺に何かを伝える為に俺の左足を殺したのだ、と。
それが何かはまだ分からない。だけどいつか分かる日が来る。

だからそれまで、俺は、




                  

next
posted by iNut at 18:13| バンクーバー ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

我が左足へ捧ぐ鎮魂歌。



結果出ました!!

白い壁に囲まれ、柔らかいオレンジの光がこもった小さな部屋の中心。
ゴウンゴウンと不吉な音を立てるのは、最新鋭の体内走査装置たる
Magnetic Resonance Imaging Machine、その中に放り込まれた俺は
セレプロに入ってゆくプロフェッサーXのような気分になっていた。
しかし"MRI検査室内は強力な磁場になっています"っていう但し書きが
あったからどちらかというとマグニートーか。なんにせよミュータントに
なるだったら、そうだな、オプティックブラストの一発や二発はガツンと
撃てるようになりたいのだが。

そんな駄目思考をしている内に検査は終了。担当の女医さんに緊急オペが
入ったとかで診察は受けられず、翌朝再び病院へ行くことに。
ラー

そして翌朝、俺を待ち受けていたもの。
それは我が親愛なる左足内部の映像と残酷な病状宣告だった。

衝撃の診断結果を受け入れる覚悟がある方はこちら。
posted by iNut at 11:07| バンクーバー ☔| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

Taking little, walk on the way to her paradise.



生来の超お祭り男である所のこの俺が学園祭という一大イベントを
黙って見過ごす筈もなく人一倍楽しんだそのついでに俺の楽しみを
他の人にも分け与えてあげようという最強のお節介行為を炸裂させ
人々の失笑を買うという結末は、まあその予め分かっていた事では
あったのだが。我が家には"お祭りは無条件に楽しむべし"っていう
絶対不可侵の理論があるんだよ。折角の祭、楽しまなきゃ損だろ?

日常があっての非日常。
いつもと同じ日、少し違う日。


我を忘れて、飛び跳ねるのだ。

NEXT
posted by iNut at 11:51| バンクーバー ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

草笛症候群。



実はこんな大怪我をするのは初めてではなく、高校三年の時
同じように左足首を骨折して一ヶ月程松葉杖生活を余儀なく
されていた事がある。思い返せば中学のサッカー部時代にも
オスグッド病という奇病で左膝を痛めていたこともあったし
どうやら俺の左足には文字通り悪魔が取り憑いているらしい。

そうやって、またしても左足が動かなくなってしまったことで
ただでさえユルい俺がこれまで以上のSlowlifeを送るここ数日間。
こんな状態になってしまって初めて気付く事、というのも幾つか
あるのだけれど、一人ゆったり動いているとみんな少し急ぎ過ぎ
なんじゃないか?と思ってしまう瞬間がある。

"Who goes slowly goes far"だよな?
ほら、のんびり行こーぜ。

肌寒い風に身を捩ると、東の空の満月が見えた。
けれど視線は足下に、少しずつ坂道を降りて行く。
松葉杖の音を聴きながら、一歩ずつ、ゆっくりと。

NEXT
posted by iNut at 20:04| バンクーバー ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

weblog創設以来初めて意味のある文章を書いてしまった。



061106-161635.jpg


左足、完全に沈黙しました!


話せば長くなるのですが、複雑怪奇な事情から本日昼前にフットサルを
やっておりましたところ、例の痛めた左足がイヤな音を立て俺再び絶叫。
救急車で病院まで搬送されまして。診断の結果、単なる捻挫などではなく
靱帯損傷、最悪の場合断裂の可能性があるそうです。相変わらず骨に
異常はないらしいのですがそんなの聞いても嬉しくないです。

という事で再び松葉杖生活です。再びというのは一昨年も体育祭を
目の前にして左足首を骨折するという事態になりまして、なんかもう
秋のイベントの前には俺は大怪我をするっていうアレなんですか?
神様の横暴に俺はもう耐えられません。弁護士を呼んでくれ!!

詳しい病状はMRI検査を受けないと分からんのですが、その検査が
来週の水曜にあるので、それまではがちがちに固めておかねばなりません。
動きにくいことこの上ないです。さらに検査の結果次第では手術したり
入院したりと素敵な展開が目白押し!神様、俺なんか悪い事した!?早く弁護士を!!

こんな時に一人暮らしだと死にたくなるな。

という訳で主にガッコではとても奇妙な動きをしていると思いますので、
余力のある方は助けて頂きたいです。あといろいろ家事が出来なく
なるので困っています。嫁を真剣に募集したい気分だ。それは冗談としても
せめてがーるふれ…いや、もう言うまい。虚しくなるだけだ。

とにかく学園祭では間違いなく戦力外です。ぶっちぎりで役に立たないと
思いますのでその辺よろしくです。あとその他種々雑多な約束事も
ことごとく放棄の方向へ持って行かざるを得ないです。だから普段以上に
役立たずっぷりを発揮する僕をこれからもよろしくお願いします。

ま、そーゆーことなので。それと僕に会った時に大袈裟なまでに
ぐるぐる巻きにしてある左足を見て、くれぐれも「大丈夫?」って
訊くのだけはやめて欲しいです。見たまんま全然大丈夫じゃないですので。
今僕が最も恐れているのはマネージャーにこれがバレてしまったら最後、
滅茶苦茶怒られるであろうという事です。ああ、主よ、俺に救いの手とか
モラックスの咒式とかそんなんをくれ!

以上!

posted by iNut at 16:57| バンクーバー ☔| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

逃げ足だけは超一流



今日から三連休!

…という気分に一向にならないのはどうしたことだろう。言うまでもなく
昨晩から続く地獄の四連勤の所為である。確かに世間様が休みの時こそ
飲食業はあくせく働かねばならないのというのは道理なのだが俺の本職は
学生なのだ。たまの休みに日がなダラダラしたいと思っても責められまい。
熱気のこもった厨房。シンクに溜まっている大量の皿を次々に洗っていく。
不景気な顔をした俺のボヤきを聞きつけた兄貴が「お前どうせそのうちに
大学辞めて飲食業に目覚めるんやろ」とか叫んでいるのが聞こえる気がする。
どうやら俺の知らないうちに俺の将来は決まっていたらしい。はぁとかへぇとか
適当に返事をしながら、俺は友人に勧められた塾講師のバイトの事を考える。

自分でこう言うのも何だが俺は攻性咒式士もとい飲食よりも塾講師の方が
性に合っているような気がしているのだ。教育産業に携わる事を頑なに
否定し続けていた俺なのだが、想像以上の高時給を前にしては"揺らぐな"
という方が無理であることだし。今の俺の五倍はあろうかという最高職の
月給を聞いた時は流石に戦慄した。もしそれだけのお金が手に入れば、
食器はマイセンになるiBookはMacBook Proになる音響はBang&Orfsenになる…

俺の独白が聞こえたのか、シェフが「独り言は聞こえないように喋れ!」
と怒鳴っている。それは喋るなと言っているのか違うのか、どうなんだ?
しかし相変わらず俺の職場は捻くれていると思わざるを得ない。カレンダーの
11/6の欄には赤丸と共に"フットサル 12:00〜"と書いてある。
…俺、その日学校なんだけどなあ。

「お前な、勉強よりも大切なものってあるやろ」とシェフの怒鳴り声。
また聞こえていたらしい。だから今度は、聞こえないように小声で呟く。

やれやれだ。


NEXT
posted by iNut at 16:04| バンクーバー ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

はろうぃんだよ!はろうぃんなのだよ!

☆★☆★☆

Hi, there♪

HAPPY HALLOWEEN!!


さてさてSiesta-Fiesta臨時号、はろうぃーん特集です!
本日31日はHalloween、万聖節の前夜祭なのです。我が家の
家訓に"イベントごとを疎かにするべからず"というものが
ございましてですね、この無宗教国家日本におきまして
クリスマスはお祝いする癖にハロウィンとイースターを
蔑ろにする風潮に異を唱え(中略)ので、今夜はお祭りだぜ!!

Project:めいくえぶりでいはっぴー、その一環として今夜は特別版でお送りします。

つづき!
posted by iNut at 21:47| バンクーバー ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

まあるくなーれ!



だんだん天気が悪くなってきた。先週の頭くらいまでは空も機嫌が
良かったのだが、ここのところはすっきりしない毎日である。

なんにせよこんなパッとしない日は、大きな仕事をしようという時に
気持ちを削がれてしまうよな。天気が人に与える心理的影響についての
話を以前読んだのだけれど、あながち間違ってもいないんじゃないか。
だからそういう時は、大人しく家に引きこもっておくべきなのさ。
そうやってのんびりしていれば、いつかは晴れるっしょ。

そんな風に、最近自分の周りのいろいろな事について
若干の心の余裕が出来てきた気がする。自分の中でね。
よく言えば大人になった、悪く言えば青春の消費期限切れかけ、
そんなトコかな。"賞味"期限ではないところに注目だ。

そんな下らない思考を続ける日々。
いいのさ、Life goes slowly.
ゆっくり行こうぜ。

NEXT
posted by iNut at 16:40| バンクーバー ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

わんだふる・わーるど



平日は講義の関係でバイトをお休みさせてもらっていることもあって、
帰宅してからの自分の時間がいつもより増えた。働いていない分だけ
月に稼げるお金も減ってしまうのだけれど、自分の好きな事が出来る
時間が出来たことはちょっと嬉しい。音楽を聴きながら料理をしたり
教本を睨みながらベースに没頭したり珈琲飲みながら本を読んだり。
他にももっと、お金をかけずに楽しめる趣味を持ちたいね。

最近、つい難しいことばかり考えてしまうのだけれど、結局のところ
毎日が楽しければそれでいいんじゃないか・っていう結論に達して。
あくまで人は人、自分は自分っていうスタンスで、自分の幸せを掴む為に
日々頑張ることが出来れば、それ自体がすごく素敵で幸せな事だって。
そう、思う。

ただこの様子だとこの先もがーるふれんどが出来る気配が全くないね。
その辺はちょっと、ちょっとだけだぜ、しょんぼりしてるんだけどさ。
みんなとlifestyleがズレてるから、そういう所が原因なのだろうけれど
まあいいかな、なんて。そうやって日々が季節が、時間が過ぎてゆく。
だから願うことは、一つだけ。

明日も俺や、俺の周りのみんなが元気で笑っていられますように。

NEXT
posted by iNut at 22:08| バンクーバー ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

孤立した世界の境界線視認実験と内部情報の奔流を観測する



「しょうがないよ」

夏の終わりに出会った年上の女の人は、俺の長い話を
聞き終わった後にただ一言だけ、そう言った。

長い間、俺の中で答えの出なかった疑問に対して
いとも簡単に解答を提示してみせたその人は、
久しぶりに出会った俺よりも"上"の住人だった。

人と人は分かり合う事など出来ない。
ただ、重なった世界に同情するだけ。

So, I'm looking for anyone can see my world.

NEXT
posted by iNut at 16:31| バンクーバー ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

鎮痛剤の処方箋・楽園への羅針盤



エベレスト登頂前のこと。何故命を危険に晒してまで
山に登るのかと訊ねられたジョージ・マロニーはこう言った。
"そこに山があるからだ"、と。

何も最初からチョモランマを目指した訳ではあるまい。
きっと初めはほんのささやかな、そう、汗を流しながら
長い斜面を登り終わった時に得られる爽快感を楽しむ、
そんな感覚だったのに違いない。

だが彼ら偉大な登山家はそれだけでは満足しなかった。
さらに高い山へと登り続けるうちに、いつしか目的と
手段は入れ替わる。

そこに山があるから。
とても崇高で、そして馬鹿にも思えるが、少なくとも今の俺は
この忌々しい坂道を登る事に関して何の感慨も抱けないね。
朝一番に開講される講義の為に相棒と共に坂道を登りながら
俺はあと何回この坂を登らねばならないのだろうと考え、
すぐに思考停止。額の汗を拭いながら黙々と無心で登る。

ふと立ち止まり振り返ると、頭に来るほど晴れ渡った空と
腹が立つほど綺麗な海、それに反射した陽光が俺の目に飛び込んだ。
秋の風が俺の髪を踊らせ顔を撫で、東へと去って行く。
それは神話の一場面、天使の集会場のように。

そして再び、俺は前を向いて歩き出す。
溜め息をつきながら。

ほんの少しの幸せを感じながら。


NEXT
posted by iNut at 21:55| バンクーバー ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

落とし穴を掘りまくれ!



みなさん!

秋ですね!

ここ最近のweblogの書き出しが季節ネタに終始しているのは
他でもなく俺がこの季節をこの上なく愛しているからであり、
もう最高にハイ!ってヤツだあああてなテンサヨンなのですようへへ。

少しだけ開けた窓から入って来る夜風と一緒にM3の奏でる
Jazzを聴き、珈琲を飲みながら読書。ユルい。激ユルい。
そうだよ。俺が望んでたのはこんな生活なんだ。

今日があと一週間くらい、続けばいいのにね。

NEXT
posted by iNut at 01:38| バンクーバー 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

怨嗟式思考実験・ガッデムハンティング



春に啼く鴬は、視神経が捉える光の量で季節の遷移を認識する・
という事を高校時代の師匠に教わった。複雑な過程の結果にも思える
バイオリズムの発端とは、得てしてそのようなアナログなギミックなのだと。

ところで俺はこの時期ーつまり夏から秋に移り変わる時期になると
毎年鼻炎が酷くなるのだが、これも全身の細胞が俺の鈍い脳に向けて
親切にも秋の到来を告げてくれているということになるのだろうか。
おい聞けよ、俺の脳味噌。お前身体の方に舐められてるぜ?
ほら、そこまでしなくても気が付くよなあ?

だって、こんなにも気持ちのいい風が吹いてるんだからな。

NEXT
posted by iNut at 00:52| バンクーバー ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

立ったまま座るという試行



夏の暑さもやがて地平線の向こう側へと消えてゆき
冬の気配もまだ遠い、夜風の心地よい今日この頃。
まだ小学生くらいの頃、夏休みという超特大の非日常に
別れを告げるこの季節が、俺は不思議と嫌いではなかった。
それはきっと、休みが終わるという消失感よりも
新学期への期待感の方が上回っていたから。

数年が過ぎてとうとうteenagerを卒業してしまったが、
俺は未だ変わらずこの季節が一年の中で一番好きだと思う。

2006年秋、開幕。

NEXT
posted by iNut at 22:18| バンクーバー ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

How to make my world; things I got will be a part of it.



失って初めて分かる価値、というものがある。

いつも近くにあるものに対して人は興味を持ち難いけれど、
それが無くなってみるとひどく不安になったり、はたまた
落ち着かなくなったりするというのはよくある話ではある。
俺が単身神戸にやって来てから既に一年半程が経ったのだが、
実家に帰る度に俺は福岡の人間なんだな、といつも思う。
離れて分かる故郷の美しさよ、なんてな。

変わるもの、変わらないもの、そして変えられないもの。
俺の帰るべき場所は、きっとこれからも変わらない。

NEXT
posted by iNut at 17:34| バンクーバー ☀| Comment(20) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

月まで歩いて行けるかな?



先行きの見えない状況の事をよく一寸先は闇・なんて例えるけれども
我が華やかなる二十年の人生において、これほどまでの真っ暗闇に
お目にかかったことはない気がするな。お目にかかるっても、まあ、
暗過ぎて何も見えないんだが。手元でうっすらと光る携帯のバックライトを
頼りに一歩ずつ慎重に、しかししっかりと前に進もうとすると、やにわに
俺の袖を引っ張って止める奴がいる。おい、しっかり歩けって。

「いやや!もうええやん、帰る!」

じゃあ一人で帰ればいい。命綱たる光源、すなわち携帯を持っているのは
俺だけだからな。帰れるもんなら一人で闇の中に突っ込めばいい。

「そんなん無理やって!もう行きたくない怖い怖い!」

あーもう喚くな叫ぶな分かったから。そんなに帰りたいのかよ。
じゃあ、そうだな、あと百歩行って何もなかったら帰ろう。どうだ?

「10歩」

値切るな。じゃあ50歩だ。

「25歩」

駄目。50歩。これ以上はまからんねえ…って何の交渉だよコレ?
あーもう行くぞ、一歩、二歩!

「三歩!四歩!」

五歩、六歩…っとちょい待ち。何かいる。見えるか?

「え!?ちょ、何?何が?」

そこだ…ほら、そう…お前の後ろに!

「いやああああああああああああああああああ!」


それは平和で静かな森の中で起きた、平和で静かな出来事。
悲鳴も、絶叫も、全て闇の中へ、吸い込まれてゆくから。

NEXT
posted by iNut at 00:16| バンクーバー ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

茶柱が立った(あとクララも立った)!



便りがないのは良い便り、と言うがなるほど深い言葉である。

連絡を寄越す暇もないほど充実した日々を送っているのだろう
という超ポジティブ解釈なのだが、こと俺に関して言う場合は
weblogが更新される時というのがヒマの極地にある時だけであり
俺が幸せな時はweblogは沈黙、俺の幸せは発信されることはない、
そういうメカニズムになっているようなのである。

しかしまあ、たまには激忙の間隙を縫って幸せをアップロードするのも
悪くはないだろ?こういう所に俺の博愛精神が垣間見えるよな(反論は無視だ)。

突き抜けるように晴れた秋の空の下、俺は今日もまた踊る。
Goodbye summer, welcome autumn.

NEXT
posted by iNut at 11:18| バンクーバー ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

崩落的ダイアログ。



日も沈めばすっかり涼しくなり、いよいよもって秋の到来を
ひしひしと感じさせる今日この頃。喧しい蝉の鳴声も途絶え、
今では鈴虫が清らかに平和な街のBGMを奏でているのみ。

ふと空を見上げると、金色の満月が輝く綺麗な夜空。
その月の下で長閑に暮らす俺のような人間がいれば、
内戦で荒れる国で耐えることのない恐怖と戦う誰かがいる。
だが月は、誰に対しても平等にその美しい姿を曝け出す。
それはとても優しく、とても残酷だ。

だから俺は、今日も祈る。
"俺の"明日が、平和でありますように。

俺は俺の為にしか、生きられないから。俺の幸せしか、願えないから。

NEXT
posted by iNut at 20:33| バンクーバー ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。