2007年12月15日

西方山水詩 〜 High-tech Nature Wonderland.

山より流れ降りる幾多の川が、
街の中心を通って遠い湖へと流れていく。

悠々とした大河の両岸には
古くからの美しい建造物と、
近代的で斬新な建物が同居する。

最先端の技術が自然と共生する街、チューリッヒ。
他の街にはない独特の雰囲気がいたるところから
感じられ、永世中立国であるこの国の本当の姿が、
垣間見えた気がした。



"百の湖と森の国" スイス編、スタートです。


                         少年迷子中...
posted by iNut at 18:08| バンクーバー ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 西方project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

西方蹴鞠譚 〜 Black and Blue Fever.

世界には"聖地"と呼ばれる場所がある。
一般に宗教的に重要な場所を指すが、
特定の人々の尊敬を集める場所を
そのように呼ぶことも少なくない。

そうした聖地と呼ばれる場所には、
前者のケースのみならず、ある一種の
独特の雰囲気があると知ったのは、
その巨大で荘厳な、建築物という
枠を遥かに越えた"それ"の威容を目にした時だった。

畝る支柱と巨大な斜面に四方を囲まれ、
その中心には緑色のピッチと二つのゴール。

ジュゼッペ・メアッツァ、通称「サン・シーロ」。
その迫力に圧倒され、俺はしばし立ち尽くした。
                         少年迷子中...
posted by iNut at 18:12| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西方project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

西方碧散行 〜 Brilliant Blue Border.

その場所に存在するあらゆるものは、
紺碧の空から降り注ぐ太陽の光と、
そしてそれを反射した水面からの光の
両方によって激しく晒される。

行き交う船と、その頭上に架かる橋を行く人々。
そしてその周りを海から突如迫り出した
建物が取り囲む。そこはそういう場所だった。

水の都の名に恥じぬ、世界で唯一の風景。
それは一種の畏敬の念さえ感じさせられた。


                         少年迷子中...
posted by iNut at 13:54| バンクーバー ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 西方project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

西方遊々抄 〜 Somewhere the Sun Never Falls.

緑の芝生、赤茶色の教会、青い空。
眩い太陽がそれらを強烈に照らし、
突き刺さる陽光に俺は思わず手を翳す。

そして気付いた。この国が眩しいのは、
何も太陽の所為だけではないことに。

目の前では世界で一番陽気な国民達が、
太陽よりもずっと眩しく輝いていた。
                         少年迷子中...
posted by iNut at 18:58| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西方project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

西方羅馬郷 〜 Ancient Memories in Twilight.

湿り気の少ない心地よい風が肌を優しく愛撫し、
夕焼けに照らされた遺跡の影が足下に忍び寄る。

深く息を吸い込む。

肺の奥まで、身体中に染み渡るように、
この空気が何かを変えることを願いながら。
                         少年迷子中...
posted by iNut at 21:54| バンクーバー 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 西方project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

(I would like to) Thank to Baby Bird



I went back to my home after the trip to find the place I want be in.

All the place I went seemed so good for me.
Every place had some good things for each.
Of course there were some bad things,
but I didn't mind it 'cause everething there
is so fresh that I felt the time went so fast,
But where I'm living also is.

where is the place I should be in?


next.
posted by iNut at 20:16| バンクーバー ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

World End



long silence before the storm coming

no bird in the sky, cats have gone to anywhere

darker and darker it becomes with the heavy air

now is the time, we have to stand up

to fight against our own fate


next.
posted by iNut at 18:14| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

Flying ROSEHIP and a coffee cup chasing it



A boy who loves her said that he loves her,
a girl who likes him said yes to be his girlfriend,
they look so happy, and me?

I cannot discribe my feeling,
It's not a jealous, or a regret,
but I can't feel happy naturaly.
Of course I bress them 'cause I'm their friend,
but...

It cannot help that saying life is difficult,
especially in man and woman.
I can't tell about that, so I just say some word
to bless them.

May the way in front of them be easy.

next.
posted by iNut at 17:44| バンクーバー ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ワンダリング・ワンダーワールド



Hop step jump and hop, skip and skip under the sun

Let's take steps together, to that corner a pole stands

if we reached, turn there rolling around the pole

right or left would depend on me at that corner

next.
posted by iNut at 19:45| バンクーバー ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

空色一直線。



汗の雫
虚ろな視線
ゆらゆらと揺れる蜃気楼

Stand up to run to the end of this way
More fast, more fast, more fast

突き刺さる空からの視線
悲鳴を上げる両脚
乾く口腔

At the end of this way, what would I found
to know it, I have to run till the way is end



next.
posted by iNut at 03:26| バンクーバー ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。